ぎっくり腰でお悩みの方へ

ぎっくり腰によくある症状

  • 突然腰が
    痛くなり
    動けない

  • くしゃみを
    したら腰に
    激痛が走った

  • 腰の激痛と
    足のしびれ
    がある

  • ぎっくり腰が
    くせになった

ぎっくり腰は突然やってきます

働き盛りの中年層に多く発症するぎっくり腰。

 

不用意な姿勢を強いられた時、急なくしゃみや咳、重い物を持ち上げた時

などの拍子に突然の腰の激痛に襲われて動けなくなります。

 

なぜこのような強い腰痛が起こるのでしょうか。
ぎっくり腰に考えられる原因や症状を詳しくみていきましょう。

ぎっくり腰改善メニュー Recommend Menu

突然起こるぎっくり腰の原因はさまざまです

ぎっくり腰は、比較的メジャーな腰痛ですが、正式名称を「急性腰痛症」と言います。
海外では、あまりの激痛から「魔女の一撃」と呼ばれることもあります。

なぜこれほどまでの激痛を起こすのか明確にはわかっていませんが、腰を構成している関節軟骨筋肉軟部組織などを損傷することで強い痛みを発症すると考えられています。

 

【ぎっくり腰の原因】

 

●ぎっくり腰のきっかけとなる姿勢や動作

 

・前かがみになる

・不用意にくしゃみや咳をする

・急に振り返るなどの不用意な動作

・急に重い物を持ち上げる

 

●筋肉が硬い

運動不足によって血行不良が生じると筋肉が硬くなるため、ぎっくり腰のリスクが高くなります。

 

●筋力不足

腹筋や背筋、腰周りの筋力が弱いと腰に負担がかかるため、些細な動作などでぎっくり腰になることがあります。

 

【ぎっくり腰のパターン】

 

●筋肉から来るぎっくり腰

運動不足ストレスなどが続いていている方や、忙しすぎて疲れを溜めている方は、腹筋や腰周りの筋力が低下しやすくなっているため、筋肉を痛めるぎっくり腰になりやすいとされています。

 

●関節から来るぎっくり腰

加齢に伴う組織の老化によって腰の関節の骨が変形すると、ちょっとした動きなどがきっかけとなりぎっくり腰を発症しやすくなります。

 

【急性期と慢性期】

 

●急性期

受傷直後から痛みや熱感が落ち着くまでの間急性期と言い、強烈な痛みで身動きすらできないこともあります。

 

●慢性期

激しい炎症と痛みが引き、腰回りの鈍痛が続きます。

少しずつ動けるようになってきますが、硬くなった筋肉によって神経が圧迫されることでお尻や下肢にしびれを感じる場合があります。

ぎっくり腰には正しい対処が必要です

ぎっくり腰は普段の生活の中で突然襲ってきます。
いざぎっくり腰になってしまったら、正しい対処法をとることで早期改善に繋がります。

こちらでは、ぎっくり腰になってしまった際にまず行うべき対処法や、日頃から行える予防法をご紹介します。

 

【急性期の対処法】

 

受傷直後から炎症が引くまでの数日間を急性期とし、激しい炎症のため患部の熱感と痛みが強い時期です。

 

●安静とアイシング

炎症と痛みがひどい時は安静が基本です。
アイスパックや保冷剤などでアイシングをし、炎症を落ち着かせましょう。

 

●湿布や鎮痛剤の利用

痛みが激しい場合には、冷シップ鎮痛剤を利用することで一旦痛みを抑えましょう。

 

【慢性期の対処法】

 

急性期が過ぎると痛みが激痛から鈍痛に変わり、少しずつ動けるようになってきます。

 

●身体を温める

まだ油断はできませんが、炎症が引いてきたら湯船に浸かるなどして身体を温めましょう。
全身の血行が良くなることで損傷した組織の修復も早まる効果が期待できます。

 

●ストレッチ

無理のない範囲で、お風呂上りなど身体が温まっている時にストレッチから始めていきましょう。
痛みと安静で硬くなってしまった筋肉を柔らかくし、早期の回復を目指しましょう。

 

【ぎっくり腰にならないための予防法】

 

●思い物を持つ姿勢

重い物を持ち上げる際には、膝を曲げ、両足を肩幅に開いて荷物と身体を近づけて持ち上げるようにしましょう。

 

●身体のバランスをとる

バッグを片方の肩で持つ、ハイヒールを毎日履く、姿勢悪く座るなどといった行為は身体のゆがみに繋がり、バランスの崩れからぎっくり腰になる可能性がありますので、正しいバランスを取るように心がけましょう。

津田沼中央接骨院の【ぎっくり腰】アプローチ方法

ぎっくり腰といっても軟部組織が損傷している場合、関節が損傷している場合などさまざまなタイプがあります。
そのため、早期に見極めをして状態に合わせた施術を行うことが重要です。
初期の施術が遅れてしまうと予後が悪くなってしまったり、回復に遅れが生じることもあります。

当院では、痛みが強い場合には「ハイボルト療法」で痛みを抑制し、さらに早期から可動域を上げるように施術を行い日常生活の動きや仕事への早期復帰を目指します。
状態が落ち着き始めたら再発を防ぐために周辺の筋肉などに「カッピング」「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」「超音波療法」「骨格矯正」を行い、痛みの改善に努めます。

 

【ぎっくり腰に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法はぎっくり腰などの急性的な症状の改善目的や痛みの原因を調べる「検査」としても使用することのできる高周波療法です。
ハイボルト(高電圧)の電気刺激を筋肉や靭帯の深部に浸透させ、筋肉や靭帯の修復の促進を目指します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

磁石の付いた丸いテープをツボ(経穴)に貼り刺激することで、体内に流れる生体電流の正常化を目指す施術です。
血流が滞りやすい場所に貼ることで血流を促進し、血行不良により生じていた「肩こり」や「腰痛」「むくみや冷え」の改善が期待できます。
鍼が苦手な方や、施術効果の持続をご希望の方におすすめな施術です。

 

■テーピング

テーピングで皮膚と筋肉に隙間を作ることによってリンパや血流の流れの促進を目指します。
スポーツをされる方、デスクワークで腰痛にお悩みの方にもおすすめです。
さまざまな種類があるため症状や目的に合わせて適切なテーピングテープを選択していきます。

 

■骨格矯正

日常生活の中での偏ったくせなどがきっかけとなり、背骨にズレや骨盤にゆがみが生じている方におすすめな施術です。
身体のバランスを整えることで血流が促進され腰痛や肩こり、冷えなどさまざなな症状に効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉が緊張し硬くなってしまうと骨や筋肉を覆っている「筋膜」が骨と癒着しやすくなります。
CMC筋膜ストレッチ(リリース)は、その筋膜の癒着をクリームとステンレスでできたブレードを使い剥がしていく施術です。
個人差はありますが、多少の痛みや皮膚が赤くなる場合もありますので、強さや時間の調節を行うことも可能です。

 

■カッピング

吸い玉を患部に当て皮膚を吸引しながら真空状態にすることで、血流を促進し老廃物などの排出を促します。
筋肉が緊張し硬くなってしまう「肩こり」や「腰痛」などでお悩みの方におすすめしています。
また、個人差はありますが2週間ほど赤から紫色の痕が残る場合があります。
吸引の強さや時間の調節を行うことも可能ですのであまり痕を残したくない方はお申し付けください。

 

■超音波療法

超音波を流すことによって痛めた筋細胞の修復とけがの損傷による浮腫の改善を促進させる施術です。
スポーツなどでケガした捻挫や打撲、骨折の後の後療法にも用いることができます。

著者 Writer

著者画像
院長:高橋 亜衣(たかはし あい)
8月10日生まれ。
O型。
青森県鰺ヶ沢町出身。
寿司、天ぷら、鯖をこよなく愛します。
姿勢矯正を得意とします。
皆さんの健康のお手伝いをするために誠心誠意努めて参ります。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:津田沼中央接骨院
住所〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-21-7
最寄:JR総武線津田沼駅北口 徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】津田沼中央接骨院 公式SNSアカウント 津田沼中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】津田沼中央接骨院 公式SNSアカウント 津田沼中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】津田沼中央接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中