頭痛でお悩みの方へ

頭痛によくある症状

  • 頭痛が始まると
    光が異常に
    まぶしい

  • 締め付けられる
    ように頭が痛い

  • 眼の疲れと
    頭痛が
    同時に来る

  • どくどくと
    いった頭痛
    がする

つらい頭痛には3種類のタイプがあります

頭痛はその症状だけでもつらいものですが、
眼の疲れや首肩こりなどの症状も同時に起こることもあります。

 

慢性的に訪れる頭痛は、
その原因により大きく3つのタイプに分けることができます。

 

こちらでは、どのような頭痛があるのか、

タイプ別の対処法や予防法など詳しくご紹介します。

頭痛改善メニュー Recommend Menu

自分の頭痛はどのタイプか知りましょう

頭痛が始まってしまうと何をしてもなかなか痛みが引かないことがあると思います。
頭痛を詳しく知ることで、そのつらい症状の改善や予防に繋がります。

慢性的な頭痛は大きく片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛の3つのタイプに分類されています。
それぞれの頭痛の特徴や症状を詳しくみていきましょう。

 

【片頭痛】

 

●原因

明確な原因はいまだ不明とされていますが、睡眠の過不足気圧の変化騒音人混みカフェインなどが誘因となることがあります。

 

●特徴

閃輝暗点と言い、頭痛の前に眼の前がチカチカする場合があります。

 

 

●頭痛以外の症状

吐き気嘔吐などを伴うことがあります。

 

●発生頻度

若年~中年層の女性で、緊張型頭痛の次に多いとされています。

 

【緊張型頭痛】

 

●原因

長時間のパソコン作業スマホ使用ストレスなどが原因となり、首や肩の筋肉が過度に緊張することで起こるとされています。

 

●特徴

頭の両側で痛みを感じることが多く、締め付けられるような痛みが数十分から数日間続くことがあります。

 

●頭痛以外の症状

背中の痛みや眼精疲労を伴うことがあります。

 

●発生頻度

女性に多く、慢性頭痛の中では最も多くみられます。

 

【群発頭痛】

 

●原因

詳しい発症メカニズムはいまだ不明とされていますが、男性に多いことから、男性ホルモンの過剰分泌が関与しているという説もあります。

 

●特徴

睡眠中に起こることが多く、頭痛は発作的でじっとしていられない程の痛みが数時間続くと言われています。
一定の周期があり、その間1~2ヵ月間はほぼ毎日発作が起こるとされています。

 

●頭痛以外の症状

こめかみや片側の眼の奥が激しく痛み、眼の充血鼻汁などの自律神経症状を伴うこともあると言われています。

 

●発生頻度

男性に好発し、3つの慢性頭痛の中では比較的少ないとされています。

正しい対策で頭痛に負けない身体になりましょう

頭痛のタイプは主に3つあると先にご紹介いたしました。
それぞれ原因も症状も異なれば、当然その対策や予防法も変わってきます。

それぞれどのような対策をとれば頭痛が楽になるのか、また頭痛を起こりづらくするために行える対処法などを詳しくみていきましょう。

 

【片頭痛の場合】

 

●質の良い十分な睡眠

熟睡できる質の良い睡眠を適切な時間とることで痛みが緩和されると言われています。
休む際には部屋や眼元を暗くしましょう。

 

●痛む部分を冷やす

片頭痛は血管の拡張がみられることが多いため、患部を冷やすことで血管が収縮し痛みの緩和が期待できます。

 

【緊張型頭痛の場合】

 

●蒸しタオルなどで温める

アルコール赤ワインチョコレートチーズなどは、頭痛のきっかけになると言われていますので控えるようにしましょう。

 

●こまめに休憩をとる

パソコン作業などを長時間続けると首や肩の筋肉が疲労し、頭痛を起こす可能性が高まりますので、こまめに休憩をとりストレッチを行うなどして身体を動かしましょう。

 

【群発頭痛の場合】

 

●頭痛のパターンを把握する

突然起こる発作痛は、季節の変わり目や睡眠時に好発するといった一定のパターンがあるとされています。
メモでも日記でも構いませんので、ご自分の頭痛発生時期発作時間症状何をしていたかなど、細かくメモを取っておきましょう。
そうすることで頭痛のパターンを把握し、予防に繋がります。

 

●腹式呼吸

頭痛発作が起こりそうだと気が付いた時には、腹式呼吸をすることで自律神経の安定が期待できますので、可能であれば外に出たり窓を開けて深呼吸をしましょう。

津田沼中央接骨院の【頭痛】アプローチ方法

頭痛が出やすい方の多くがストレートネックや、食いしばりや噛みしめぐせにより筋肉が過緊張し頭への血流が阻害されることで起こる方が多いです。
また、筋肉が固くなることで頭蓋骨のゆがみや筋膜にも滞りが出て慢性的な片頭痛が起きます。

当院では頭への血流を促進させるために頭や首周りの筋肉を緩めていき、その後、頭蓋調整を行って脳脊髄液の流れを良くします。
眼精疲労が原因の場合は、湿熱を使って眼を温めて、保湿クリームで首のリンパを流して、眼の周りや頭の経穴を刺激し頭痛改善を促します。
また、あごの食いしばり噛みしめぐせが強い方は顎関節の矯正を行って根本改善を促します。
長期的に頭痛に悩まされている方は、日々の生活習慣による身体のゆがみにより頭痛が出やすい姿勢をとっている可能性もありますので、骨格矯正や姿勢矯正も行い事で頭痛の出にくい身体をつくります。

 

【頭痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法はぎっくり腰などの急性的な症状の改善目的や痛みの原因を調べる「検査」としても使用することのできる高周波療法です。
ハイボルト(高電圧)の電気刺激を筋肉や靭帯の深部に浸透させ、筋肉や靭帯の修復の促進を目指します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

磁石の付いた丸いテープをツボ(経穴)に貼り刺激することで、体内に流れる生体電流の正常化を目指す施術です。
血流が滞りやすい場所に貼ることで血流を促進し、血行不良により生じていた「肩こり」や「腰痛」「むくみや冷え」の改善が期待できます。
鍼が苦手な方や、施術効果の持続をご希望の方におすすめな施術です。

 

■テーピング

テーピングで皮膚と筋肉に隙間を作ることによってリンパや血流の流れの促進を目指します。
スポーツをされる方、デスクワークで腰痛にお悩みの方にもおすすめです。
さまざまな種類があるため症状や目的に合わせて適切なテーピングテープを選択していきます。

 

■骨格矯正

日常生活の中での偏ったくせなどがきっかけとなり、背骨にズレや骨盤にゆがみが生じている方におすすめな施術です。
身体のバランスを整えることで血流が促進され腰痛や肩こり、冷えなどさまざなな症状に効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉が緊張し硬くなってしまうと骨や筋肉を覆っている「筋膜」が骨と癒着しやすくなります。
CMC筋膜ストレッチ(リリース)は、その筋膜の癒着をクリームとステンレスでできたブレードを使い剥がしていく施術です。
個人差はありますが、多少の痛みや皮膚が赤くなる場合もありますので、強さや時間の調節を行うことも可能です。

 

■ドレナージュ

【EHD】

頭蓋骨や目の周辺の筋肉を緩め、ツボに刺激を与えることにより血流を促進し不調の緩和を目指す施術です。
自律神経のバランスの乱れからくる不眠や食欲不振、頭痛、眼精疲労でお悩みの方におすすめしています。

 

■カッピング

吸い玉を患部に当て皮膚を吸引しながら真空状態にすることで、血流を促進し老廃物などの排出を促します。
筋肉が緊張し硬くなってしまう「肩こり」や「腰痛」などでお悩みの方におすすめしています。
また、個人差はありますが2週間ほど赤から紫色の痕が残る場合があります。
吸引の強さや時間の調節を行うことも可能ですのであまり痕を残したくない方はお申し付けください。

 

■温熱療法

患部周辺の皮膚や筋肉の深部を温めることでこり固まった筋肉を緩め血行の促進を目指します。
筋肉のこりが原因となり痛みが生じている「肩こり」や「腰痛」「頭痛」などの症状の緩和が期待できます。
感覚が敏感な場所にもアプローチしやすく、お子様からご年配の方まで安心して受けていただくことのできる施術です。

 

■小顔矯正

顔のゆがみは噛み癖やかみしめ癖があることで顔の筋肉が硬くなりゆがんでしまいます。
当院の小顔矯正はリンパケアをした後に顔の骨格調整をして引き締めることにより本来の骨格の位置に矯正します。
個人差はありますが感じる痛みの少ない矯正となっています。

著者 Writer

著者画像
院長:高橋 亜衣(たかはし あい)
8月10日生まれ。
O型。
青森県鰺ヶ沢町出身。
寿司、天ぷら、鯖をこよなく愛します。
姿勢矯正を得意とします。
皆さんの健康のお手伝いをするために誠心誠意努めて参ります。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:津田沼中央接骨院
住所〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-21-7
最寄:JR総武線津田沼駅北口 徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】津田沼中央接骨院 公式SNSアカウント 津田沼中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】津田沼中央接骨院 公式SNSアカウント 津田沼中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】津田沼中央接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中