股関節痛でお悩みの方へ

股関節痛によくある症状

  • 歩くと
    股関節が痛い

  • 階段の
    上り下りが
    つらい

  • 歩き続けると
    腰が痛くなる

  • あぐらが
    かけない

私達の身体を支える股関節

私たちの体重や重力などの荷重を日々受け止め、強力に動きをコントロールしている「股関節」

 

この重要な股関節に痛みを感じたら放置せず、

早めの対処を行うことで股関節痛の症状悪化防止に繋がります。

 

身体の重要な司令塔である股関節が痛くなる理由や、その症状について詳しくご紹介します。

股関節痛改善メニュー Recommend Menu

股関節痛は私達のさまざまな動きを可能にしています

私たちが歩いたり走ったりする時に曲げ伸ばしをする足のつけ根部分のことを「股関節」と言います。

球体の形をした大腿骨頭とそれを受け止める骨盤の受け皿(寛骨臼)とが連結することで正常に機能しています。
その形状から球関節と呼ばれ、関節の周りを大きく強い筋肉や靱帯で守られているため、動きの自由度が高いことが特徴です。

そういった股関節の働きのおかげで正座やあぐら、しゃがむ、立つ、歩く、走るなどの複雑な動きを可能にしています。

 

【股関節痛の原因】

 

●変形性股関節症

生まれつき大腿骨頭の受け皿である関節窩が浅く(寛骨臼形成不全)、加齢に伴って股関節が変形し骨や軟骨がすり減っていくことから股関節の痛みを発症する病気です。

中高年以降の女性に多くみられ、初期症状に乏しいことから痛みなどを自覚した時には回復が難しい場合もあります。

 

 

●婦人科系やその他の病気

子宮内膜症などの婦人科系の病気やその他内臓系の病気が影響して股関節痛を発症する場合があります。

 

●殿筋の肉離れ

腰からお尻、股関節へと繋がっている筋肉が肉離れを起こすことで股関節痛が出る場合があります。

 

●オーバーユース

マラソンサッカー格闘技など、股関節を酷使する競技では負担がかかりやすく、使い過ぎにより炎症を起こすことで股関節痛に繋がることが考えられます。

 

●過去のスポーツ歴

過去にスポーツをしていた若い女性の間では、筋肉で守られていた時には気づかなかった組織の劣化が、スポーツをやめた数年後の筋力が低下したころに痛みを発症することも珍しくありません。

変形性股関節症について

一般的な関節のお悩みの中でも非常に多くみられる症状が「変形性股関節症」です。
強い筋肉や靱帯に守られているため「沈黙の関節」とも言えるほど症状に乏しいことが特徴です。
そのため、変形性股関節症と分かったらできるだけ早急な対処が重要となってきます。

こちらでは、変形性股関節症について詳しくみていきます。

 

【変形性股関節症について】

 

●症状

生まれつき大腿骨頭と連結する関節窩が浅い状態であることに加え、加齢に伴う股関節組織の老化によって関節が変形してしまうことから股関節の痛みを発症する病気です。
症状の進行に伴って関節の痛みや動かしづらさが大きくなっていき、歩くことが困難な状態になることもあります。

 

●特徴

初期症状に乏しく、強い痛み歩行障害を感じるようになる頃には症状が進行していることが多いという特徴があります。

 

●好発年齢

中高年以降の女性に多くみられます。

 

【日常で行える対処法・予防法】

 

変形性股関節症の痛みの原因は、股関節周辺の筋肉や靱帯の緊張によるものが多いとされているため、緊張を緩和するために次のような対策をとることで進行を遅らせることや、予防の効果が期待できます。

 

●関節を柔らかくする

股関節を常に柔軟に保つことで関節症になるリスクが下がることが考えられます。
そのため日頃からストレッチなどを行うことで股関節周辺の血行を促進し、筋肉を柔らかくしましょう。

ストレッチは入浴後など身体が温まっている時が最もタイミングが良いとされていますが、痛みを感じたら中止しましょう。

 

●関節への負担を避ける

変形性股関節症は関節の病気ですので、股関節の動きが大きく負担がかかるような動作は控えるようにしましょう。

津田沼中央接骨院の【股関節痛】アプローチ方法

股関節の痛みは、小児の原因不明の股関節痛から筋肉の拘縮骨盤のゆがみ筋力不足など、さまざまな原因により発生します。
股関節は身体の体重を支え、歩くために必要不可欠な関節なのでしっかり施術を行う必要があります。
特に女性は男性より関節の作りが浅いため痛みが出やすいので注意が必要です。

当院では股関節の痛みの原因を追究した後、股関節の筋肉を中心に全身の筋肉調整骨盤、股関節の関節矯正を行います。
また、股関節痛の再発を防ぐために姿勢ストレッチ歩き方のアドバイスも行います。

 

【股関節痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法はぎっくり腰などの急性的な症状の改善目的や痛みの原因を調べる「検査」としても使用することのできる高周波施術です。
ハイボルト(高電圧)の電気刺激を筋肉や靭帯の深部に浸透させ、筋肉や靭帯の修復の促進を目指します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

磁石の付いた丸いテープをツボ(経穴)に貼り刺激することで、体内に流れる生体電流の正常化を目指す施術です。
血流が滞りやすい場所に貼ることで血流を促進し、血行不良により生じていた「肩こり」や「腰痛」「むくみや冷え」の改善が期待できます。
鍼が苦手な方や、施術効果の持続をご希望の方におすすめな施術です。

 

■テーピング

テーピングで皮膚と筋肉に隙間を作ることによってリンパや血流の流れの促進を目指します。
スポーツをされる方、デスクワークで腰痛にお悩みの方にもおすすめです。
さまざまな種類があるため症状や目的に合わせて適切なテーピングテープを選択していきます。

 

■骨格矯正

日常生活の中での偏ったくせなどがきっかけとなり、背骨にズレや骨盤にゆがみが生じている方におすすめな施術です。
身体のバランスを整えることで血流が促進され腰痛や肩こり、冷えなどさまざなな症状に効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉が緊張し硬くなってしまうと骨や筋肉を覆っている「筋膜」が骨と癒着しやすくなります。
CMC筋膜ストレッチ(リリース)は、その筋膜の癒着をクリームとステンレスでできたブレードを使い剥がしていく施術です。
個人差はありますが、多少の痛みや皮膚が赤くなる場合もありますので、強さや時間の調節を行うことも可能です。

 

■ドレナージュ
【DPL】

クリームを使用し、ふくらはぎやひざ裏の筋肉や筋膜を緩めてたり足首のズレを整えることを目的とした施術です。
リンパや血液の流れを促進し老廃物が流れやすい状態にすることで、「頭痛」「むくみ」「冷え」の改善、「こむらがえり」の予防などに効果が期待できます。
足がつりやすい、足がいつもだるい、冷えやすい人におすすめです。

 

■カッピング

吸い玉を患部に当て皮膚を吸引しながら真空状態にすることで、血流を促進し老廃物などの排出を促します。
筋肉が緊張し硬くなってしまう「肩こり」や「腰痛」などでお悩みの方におすすめしています。
また、個人差はありますが2週間ほど赤から紫色の痕が残る場合があります。
吸引の強さや時間の調節を行うことも可能ですのであまり痕を残したくない方はお申し付けください。

 

■温熱療法

患部周辺の皮膚や筋肉の深部を温めることでこり固まった筋肉を緩め血行の促進を目指します。
筋肉のこりが原因となり痛みが生じている「肩こり」や「腰痛」「頭痛」などの症状の緩和が期待できます。
感覚が敏感な場所にもアプローチしやすく、お子様からご年配の方まで安心して受けていただくことのできる施術です。

著者 Writer

著者画像
院長:高橋 亜衣(たかはし あい)
8月10日生まれ。
O型。
青森県鰺ヶ沢町出身。
寿司、天ぷら、鯖をこよなく愛します。
姿勢矯正を得意とします。
皆さんの健康のお手伝いをするために誠心誠意努めて参ります。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:津田沼中央接骨院
住所〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-21-7
最寄:JR総武線津田沼駅北口 徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】津田沼中央接骨院 公式SNSアカウント 津田沼中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】津田沼中央接骨院 公式SNSアカウント 津田沼中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】津田沼中央接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中