原因不明の痛み・しびれ
(足・足の裏)でお悩みの方へ

原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)によくある症状

  • 足の外側に
    いつもしびれ
    がある

  • 30分以上
    続けて歩けない

  • 腰痛と共に
    お尻から
    足に痛みと
    しびれがある

  • 長時間座って
    いられない

腰痛と足のしびれには注意が必要です

長時間歩くと足がしびれる、椅子に座っていると腰が痛い

以上のようなことでお悩みではありませんか。

 

これらの症状は、腰に原因がある場合が多くみられます。

 

なぜ「腰」なのか、考えられる原因や症状について詳しくみていきます。

原因不明の痛み・しびれ改善メニュー Recommend Menu

足の痛みやしびれの原因は腰にあることも

原因に心当たりがない足の痛みやしびれは、腰痛を伴っているケースが多くみられます。

骨盤や身体のゆがみや原因で腰痛が発症し、下肢に繋がる神経を圧迫すると足の痛みやしびれを生じます。

また、内臓の不調や病気でも症状の出ている部位が影響して足の痛みやしびれといった症状が出る可能性があります。

主に考えられる原因をご紹介します。

 

 

●腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

背骨を構成している椎体の変形によって、椎間板の一部が神経を圧迫することで腰や下肢の痛みやしびれを発症する病気です。

ヘルニアが影響して、お尻を通って下肢に伸びる坐骨神経が圧迫されると、坐骨神経痛が出現する場合があります。

 

●足根管症候群

踵から足の裏を支配する神経が、ケガ加齢などによって圧迫されて起こるものです。
足の裏や足の指にチクチクした感じがしたり、焼けつくような痛みやしびれを生じます。

 

●エコノミークラス症候群

飛行機などで長時間同じ姿勢で座り続け、且つ水分不足となることで足の静脈の流れが悪くなり、血液の塊が肺動脈に詰まる結果、呼吸困難心不全などを呈する病気です。
足のむくみや痛みを感じるケースが多くみられます。

 

●変形性股関節症

加齢や生まれつき股関節のはまりが浅い臼蓋不全などが原因となって股関節の軟骨がすり減る病気です。
股関節の痛みや可動域制限、足の痛みやしびれなどが出現します。

 

その他、多彩な症状が出現する関節リウマチや、足裏、足の指のトラブルである偏平足外反母趾などでも足の痛みやしびれを感じることがあります。

痛みやしびれに向き合いましょう

足の痛みやしびれに対しては、それぞれ原因を突き止めて対策をしていくことが大切です。
腰痛が原因の場合には、骨盤のゆがみを正しい位置に戻し、腰痛予防を心がけるなどといったことに気を付けると良いでしょう。

痛みやしびれなどは放置せず、しっかり向き合って症状を改善していきましょう。

 

【腰痛や骨盤のゆがみが原因の対策】

 

●腰痛・骨盤体操

腰痛を伴う場合には腰痛体操を、骨盤のゆがみがある場合には自分の体重による負荷で骨盤のゆがみを整える骨盤体操がおすすめです。

 

●正しい姿勢や歩き方

症状の悪化を防ぎ、症状を起こさないためには、正しい姿勢や歩き方を心がけることが早道です。

・正しい立ち方としては、壁に背・肩甲骨・お尻・踵をつけて軽く顎を引いた姿勢が良い姿勢となります。
オフィスでも気づいた時に簡単に確認できますので是非行ってみましょう。

・正しい歩き方については、まず踏み出した足は踵から着地させ、後ろの足はつま先で後押しするように蹴ることを基本と心得ましょう。
胸を広げ、お腹を引っ込めることで自然と姿勢が良くなりますので、以上を合わせた歩き方をやってみましょう。

 

【内臓の不調や病気が原因の対策】

 

●生活習慣の改善

すでに病気が原因で足の痛みやしびれの症状が出ている場合には、まず医療機関で医師の指示を仰ぎ、適切に生活習慣を改善することをおすすめします。

 

早寝早起きの習慣、禁煙禁酒、バランスのとれた食生活などといったことに気を付けて、症状の緩和を目指しましょう。

 

●腸内環境の改善

内臓の不調からくる足の痛みやしびれには、腸内環境を整え内臓の働きを取り戻しましょう。
これによって便秘の改善も期待できます。

お味噌や納豆・キムチなどの発酵食品水分をバランス良く摂り、腸が刺激されるような適度な全身運動を心がけましょう。

津田沼中央接骨院の【原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)】アプローチ方法

足や足裏の原因不明のしびれ・痛みですが何にもしていないのにしびれる、痛むということはありません。
しびれ・痛みの原因の中には内科的なものと筋肉骨格の異常からくるもの、精神的要因があります。

筋肉骨格からくるものとして骨盤や椎体のアンバランスが原因となりしびれ、痛みが誘発されている場合があります。
神経の中には筋線維の間を走行するものも存在し、筋肉によって神経組織が圧迫を受けてしびれ痛みの症状が出てしまうことがあります。
これらによるしびれ・痛みに対しては、「姿勢分析においてどこに負荷が加わっているのか」しびれや痛みに関わる組織を判断していき、ボディケア、矯正、サポートを行います。

精神的要因に対しては腸もみ腹部の筋肉調整を行い自律神経調整をします。

 

【原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法はぎっくり腰などの急性的な症状の改善目的や痛みの原因を調べる「検査」としても使用することのできる高周波施術です。
ハイボルト(高電圧)の電気刺激を筋肉や靭帯の深部に浸透させ、筋肉や靭帯の修復の促進を目指します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

磁石の付いた丸いテープをツボ(経穴)に貼り刺激することで、体内に流れる生体電流の正常化を目指す施術です。
血流が滞りやすい場所に貼ることで血流を促進し、血行不良により生じていた「肩こり」や「腰痛」「むくみや冷え」の改善が期待できます。
鍼が苦手な方や、施術効果の持続をご希望の方におすすめな施術です。

 

■テーピング

テーピングで皮膚と筋肉に隙間を作ることによってリンパや血流の流れの促進を目指します。
スポーツをされる方、デスクワークで腰痛にお悩みの方にもおすすめです。
さまざまな種類があるため症状や目的に合わせて適切なテーピングテープを選択していきます。

 

■骨格矯正

日常生活の中での偏ったくせなどがきっかけとなり、背骨にズレや骨盤にゆがみが生じている方におすすめな施術です。
身体のバランスを整えることで血流が促進され腰痛や肩こり、冷えなどさまざなな症状に効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉が緊張し硬くなってしまうと骨や筋肉を覆っている「筋膜」が骨と癒着しやすくなります。
CMC筋膜ストレッチ(リリース)は、その筋膜の癒着をクリームとステンレスでできたブレードを使い剥がしていく施術です。
個人差はありますが、多少の痛みや皮膚が赤くなる場合もありますので、強さや時間の調節を行うことも可能です。

 

■温熱療法

患部周辺の皮膚や筋肉の深部を温めることでこり固まった筋肉を緩め血行の促進を目指します。
筋肉のこりが原因となり痛みが生じている「肩こり」や「腰痛」「頭痛」などの症状の緩和が期待できます。
感覚が敏感な場所にもアプローチしやすく、お子様からご年配の方まで安心して受けていただくことのできる施術です。

 

■超音波療法

超音波を流すことによって痛めた筋細胞の修復とけがの損傷による浮腫の改善を促進させる施術です。
スポーツなどでケガした捻挫や打撲、骨折の後の後療法にも用いることができます。

著者 Writer

著者画像
院長:高橋 亜衣(たかはし あい)
8月10日生まれ。
O型。
青森県鰺ヶ沢町出身。
寿司、天ぷら、鯖をこよなく愛します。
姿勢矯正を得意とします。
皆さんの健康のお手伝いをするために誠心誠意努めて参ります。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:津田沼中央接骨院
住所〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-21-7
最寄:JR総武線津田沼駅北口 徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】津田沼中央接骨院 公式SNSアカウント 津田沼中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】津田沼中央接骨院 公式SNSアカウント 津田沼中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】津田沼中央接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中