スポーツによるケガでお悩みの方へ

スポーツによるケガによくある症状

  • ケガの再発
    を防ぎたい

  • 膝をまっすぐに
    伸ばせない

  • ジャンプの
    着地の際膝に
    痛みが走った

  • 投球の際に
    肘が痛む

スポーツによるケガについて

スポーツをしているとケガはよく起こるものです。

 

日頃からしっかり対策を心がけることで

骨折や脱臼、捻挫などのケガ繰り返しによるケガの予防が期待できます。

 

まずは2つのパターン「スポーツ障害」「スポーツ外傷」について、

その原因や症状、予防法などを詳しくご紹介します。

スポーツによるケガ改善メニュー Recommend Menu

「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」

スポーツのケガでは、「スポーツ外傷」「スポーツ障害」の2つのパターンがあります。

 

【スポーツ外傷】

 

スポーツ外傷とは、プレー中の明らかな外力によって起こる組織の損傷を指します。
サッカーやバスケットボール、バレーボールなどで多くみられます。

 

●骨折

「骨折」とは、何らかの外力によって骨組織の連続性が完全あるいは部分的に離断された状態です。
完全に骨が折れる完全骨折、ひびや一部の骨が離断する不全骨折、疲労が蓄積して骨にひびが入る疲労骨折など、詳細な分類があります。

 

●脱臼

「脱臼」とは、何らかの外力によって関節が解剖学的状態から完全または不完全に転位して、関節面の生理的相対関係が永続的に失われた状態です。
関節から完全に外れた場合と、関節から完全に外れ切っていない場合などが挙げられます。

 

●打撲

硬いものにぶつかるなどした衝撃が身体の一部に加わることで起こる打ち身を指します。

 

●挫傷

急な動きや衝撃によって筋肉組織が無理に伸ばされる、いわゆる肉離れのことです。

 

●捻挫

何らかの外力によって関節の生理的な可動域を超えるような動きを強制されて靱帯が損傷する状態です。
重症度によって3つのステージに分けられます。

 

Ⅰ度(軽症):靭帯がわずかに伸ばされた状態

Ⅱ度(中等症):靭帯が部分的に切れた状態

Ⅲ度(重症):靭帯が完全に切れた状態

 

【スポーツ障害】

 

スポーツ障害とは、スポーツ日常生活などの使い過ぎ、使い方の間違い、身体への負荷などの繰り返しによって過度の負担が蓄積され、痛みなどの症状を呈するものです。

 

●スポーツ障害の主な原因

 

・オーバーユース(overuse):同じ動作の繰り返しによる身体の使い過ぎ

・ミスユース(misuse):誤ったフォームなど、間違った身体の使い方

・ディスユース(disuse):急な運動によって身体へ負荷がかかること

 

【代表的なスポーツ障害】

 

スポーツ外傷やスポーツ障害は、日常生活での動作の繰り返しや負担によっても起こります。
手作業の多い主婦やゴルフやテニスを趣味としている中高年ではテニス肘、成長過程にありスポーツをしている子どもではオスグッドジャンパー膝などが多くみられます。

・テニス肘

テニスのフォアハンドや布巾を絞る動作で肘の内側を痛める上腕骨内側上顆炎、テニスのバックハンドやスウィングなどで肘の外側を痛める上腕骨外側上顆炎があります。

 

・野球肩

投球動作によって下肢から上肢へのエネルギー伝播を繰り返すことで、肩に非常に大きな負担がかかる肩関節周囲組織の障害です。

 

・野球肘

繰り返しの投球動作によって肘の内側を痛める側副靭帯損傷と、外側を痛める離断性骨軟骨炎があり、内側型が多くみられます。

スポーツを楽しむためにきちんと対策をしましょう

スポーツ外傷や障害の多くはスポーツ選手にみられますが、日常生活の中でも度々みられるケガであり、毎日使う部位をケガしてしまうことで回復が遅くなることも少なくありません。

痛みや熱感を感じたらきちんとケアし、ケガのないよう普段から予防していきましょう。

 

【ケガの予防法】

 

ケガを防ぐために日常から行えることを挙げてみます。

 

●運動の前の十分なストレッチと運動後のクールダウン

●自分に適したスポーツ道具を使用する

●関節負荷軽減のためのテーピングをする

●競技によって使う身体の部位や筋肉が異なるため、その競技に適したトレーニングをする

 

【ケガの対策法】

 

急なケガをしてしまった場合には、応急処置としてRICE(安静・氷冷・圧迫・挙上)処置をしましょう。
この処置をするかどうかでケガの予後が変わってくると言っても過言ではありませんので、特にスポーツをする方は正しい知識を身に付け、正しく行いましょう。

R:Rest(安静)

炎症や痛みを抑制するため、患部だけでなく身体そのものを安静にしましょう。

 

I:Ice(冷却)

炎症抑制のため、受傷後早期からアイスパックや保冷剤などをタオルに包んで、患部をしっかりアイシングしましょう。

 

C:Compression(圧迫)

皮下出血や腫脹抑制のため、伸縮性のあるテーピングなどを使用し、受傷部位を圧迫しましょう。

 

E:Elevation(挙上)

炎症や腫脹抑制のため、受傷部位を心臓よりも高くなるように上げて安静にしましょう。

 

RICE処置を行った後は整骨院・接骨院や医療機関に行き、適切な施術を受けることで早期回復を目指しましょう。

 

【テーピングについて】

 

ケガをした際、テーピングによって関節を固定することで関節への運動負荷を軽減し、障害部位への刺激を抑えることで症状の悪化防止が期待できます。
ここ何年かでは、強固な固定は良くないと言われており、障害部位とその周辺のみを固定または補強するテーピングが主流となっています。

津田沼中央接骨院の【スポーツによるケガ】アプローチ方法

スポーツによるケガは、受傷直後の処置が大切になります。
当院では、炎症がみられる場合にはアイシングテーピングで固定を行い、炎症を最小限に抑えていきます。

テーピングには腫れが引きやすくなるものから、筋肉をサポート強化するもの、固定をするものなどさまざまです。
それぞれ症状に合わせたテーピングをご提案いたします。

また、再発を防ぐために患部周辺の筋肉をほぐしたり「骨格矯正」などで全身のバランスを整えていきます。

その他にも正しい身体の使い方のアドバイスや運動療法なども行っています。

 

【スポーツによるケガに対する施術方法】

 

■保険施術

当院は健康保険を使うことが可能です。
ただし健康保険には使えるものと使えない症状があり、主に「急性のケガ」に使用することができます。
慢性的な肩こりや疼痛などには健康保険は適用できませんが、自由施術では肩こり・腰痛などの施術も行っています。
保険が適用範囲内であるかどうかはお問合せいただくか、実際にカウンセリングをした後に判断いたします。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法はぎっくり腰などの急性的な症状の改善目的や痛みの原因を調べる「検査」としても使用することのできる高周波施術です。
ハイボルト(高電圧)の電気刺激を筋肉や靭帯の深部に浸透させ、筋肉や靭帯の修復の促進を目指します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

磁石の付いた丸いテープをツボ(経穴)に貼り刺激することで、体内に流れる生体電流の正常化を目指す施術です。
血流が滞りやすい場所に貼ることで血流を促進し、血行不良により生じていた「肩こり」や「腰痛」「むくみや冷え」の改善が期待できます。
鍼が苦手な方や、施術効果の持続をご希望の方におすすめな施術です。

 

■テーピング

テーピングで皮膚と筋肉に隙間を作ることによってリンパや血流の流れの促進を目指します。
スポーツをされる方、デスクワークで腰痛にお悩みの方にもおすすめです。
さまざまな種類があるため症状や目的に合わせて適切なテーピングテープを選択していきます。

 

■骨格矯正

日常生活の中での偏ったくせなどがきっかけとなり、背骨にズレや骨盤にゆがみが生じている方におすすめな施術です。
身体のバランスを整えることで血流が促進され腰痛や肩こり、冷えなどさまざなな症状に効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉が緊張し硬くなってしまうと骨や筋肉を覆っている「筋膜」が骨と癒着しやすくなります。
CMC筋膜ストレッチ(リリース)は、その筋膜の癒着をクリームとステンレスでできたブレードを使い剥がしていく施術です。
個人差はありますが、多少の痛みや皮膚が赤くなる場合もありますので、強さや時間の調節を行うことも可能です。

 

■ドレナージュ
【EHD】

頭蓋骨や目の周辺の筋肉を緩め、ツボに刺激を与えることにより血流を促進し不調の緩和を目指す施術です。
自律神経のバランスの乱れからくる不眠や食欲不振、頭痛、眼精疲労でお悩みの方におすすめしています。

 

【DPL】

クリームを使用し、ふくらはぎやひざ裏の筋肉や筋膜を緩めてたり足首のズレを整えることを目的とした施術です。
リンパや血液の流れを促進し老廃物が流れやすい状態にすることで、「頭痛」「むくみ」「冷え」の改善、「こむらがえり」の予防などに効果が期待できます。
足がつりやすい、足がいつもだるい、冷えやすい人におすすめです。

 

■温熱療法

患部周辺の皮膚や筋肉の深部を温めることでこり固まった筋肉を緩め血行の促進を目指します。
筋肉のこりが原因となり痛みが生じている「肩こり」や「腰痛」「頭痛」などの症状の緩和が期待できます。
感覚が敏感な場所にもアプローチしやすく、お子様からご年配の方まで安心して受けていただくことのできる施術です。

著者 Writer

著者画像
院長:高橋 亜衣(たかはし あい)
8月10日生まれ。
O型。
青森県鰺ヶ沢町出身。
寿司、天ぷら、鯖をこよなく愛します。
姿勢矯正を得意とします。
皆さんの健康のお手伝いをするために誠心誠意努めて参ります。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:津田沼中央接骨院
住所〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-21-7
最寄:JR総武線津田沼駅北口 徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】津田沼中央接骨院 公式SNSアカウント 津田沼中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】津田沼中央接骨院 公式SNSアカウント 津田沼中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】津田沼中央接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中